こんにちは、今日は先日に続いてドクター・ヨッシーの絵本をご紹介します。

タイトルは…
「ドクター・ヨッシーのほねほねザウルス恐竜博物館!『けん竜・かみなり竜のひみつたんけん』」
です!

53383216_2106361382818454_569212320681558016_n

まずは父親の感想から。

対象年齢:5~8歳
お勧め度:☆☆☆☆☆
ボリューム:かなり大きい
読むことで得られるもの:自然や生物への興味、物事を探求する楽しさ

今気付きましたけど、これ「福井県立恐竜博物館」と「カバヤ食品株式会社」のコラボ本なんですね。
こういう官民連携の試みはとてもいいなと思います。

53167493_2106361392818453_3505338933019934720_n

で、娘に説明してもらってようやく「ほねほねザウルス」なるものに登場するキャラクターが少し掴めてきたんですが、これ、子供に人気の恐竜3種類を主役に据えているわけですね。
ティラノサウルス、トリケラトプス、ステゴサウルス、と。

そしてこの3種の恐竜にスポットを当てる形で3冊構成の本になっているわけですか。なるほど。
これって結構作るのにお金かけてると思うんだけど、こういう本ってそんなに売れるもんなんだろうか。
妻も「ここまでしっかり特集してる本ってあまり無いんだよね」と話してたけど、確かに情報の充実ぶりが素晴らしいです。
協力してくれている福井県立恐竜博物館は県営だから、多少採算度外視でもいけたのかもしれないなとゲスな勘ぐりをしてしまいました(笑)。

53014696_2106361432818449_1697751545057116160_n

ちなみにこの3冊目ではステゴサウルスをはじめとしたけん竜が沢山出てくるんですが、それ以外にもよろい竜やかみなり竜が登場します。
特にかみなり竜のページでは発掘現場のイメージ図も出てくるんですが、我々素人がイメージする化石発掘とは全く異なり、驚くほどバラバラに出土するみたいなんですよね。
(恐竜の形を保ったまま出土するわけではないんです)

そんな小ネタが大量に出てくるので、相変わらず読み応えあるなと。
手元に1冊あったら子供は結構じっくり読み込んでくれると思います。




続いて娘の感想はこちら!

父:では感想を聞かせてもらおうか。

ちかちゃん(5歳0か月):よろい竜のところが楽しかった!

父:どんなところが楽しかったの?そもそもよろい竜ってどんなやつ?

ちかちゃん:はいここです!

53037366_2106361429485116_6188769078618882048_n

父:あー、アンキロサウルスのことだったのか。エドモントニアって何?

ちかちゃん:これ。

父:あ、次のページに載ってるのか。でもこれ国立科学博物館にも無かったよね?
最後のページにどこで写真撮ったか載ってるから見てみてくれる?

ちかちゃん:はーい。
(最後のページを指さす)

父:おぉ~、こんなの福井県に行ったら見れるのか。

母:福井に行ったらいっぱいいるんだろうね~。

父:(うっすい感想だな…)福井は結構恐竜の化石発掘されてるからね。
ちかちゃんこれ全部読んだの?

ちかちゃん:読んだ!

父:マジか…凄いな。

母:ちかちゃんこれ最初に全部読んで面白そうにしてたから、元になってる絵本を私が借りてきたんだ。

父:(え…意外とちゃんとしてた…すまぬ妻)

ちかちゃん:お父さん、ブログ早く書いてよ。

父:あ、はい…
ちなみに始祖鳥とか、翼竜はちかちゃん興味無いの?

ちかちゃん:始祖鳥は無いの!

父:このヘスペロサウルスってやつ…ステゴサウルスと何が違うんだ?

ちかちゃん:(ゴンちゃんを指さして)「そんなジロジロ見ないでくれる?」だって(笑)!

父:(こっちの質問は無視かよ)ゴンちゃん可愛いな(笑)。

ちかちゃん:このゴンちゃんとヘスペロサウルスを見比べてみなさい。

父:(何で命令形やねん)はい。

ちかちゃん:ヘスペロサウルスは背中のとげが丸いの!

53280727_2106361479485111_4599881395303612416_n

父:あー確かに。ステゴサウルスに比べると丸っこい。
ちなみにヘスペロサウルスとステゴサウルスはどちらが先に生まれたの?

ちかちゃん:(無言…)


とまぁ、こんな感じで楽しみました(笑)。
相変わらずの濃い絵本?です。

読んでいると色々疑問が湧いてきて調べたくなってくるので、ノートパソコンやタブレットを手元に置いた状態で一緒に読んでみるのも楽しいかもしれませんね。
…子供が眠らなくなって困るかもしれませんが。