明けましておめでとうございまーす!

今年もマイペースではありますが、少しずつ絵本を紹介していこうと思っています。

ちなみに昨年はこのブログ経由で一冊本が売れまして、親の協力ありきとはいえ5歳の娘にお小遣いを渡すことができました。

こういう経験、大事だよなーと思います。

というわけで、今回の本をいつものフォーマットでどうぞ。

タイトル:ほねほねザウルス ティラノ・ベビーと4人のまほうつかい
対象年齢:5~9歳
お勧め度:☆☆☆☆
ボリューム:多い
読むことで得られるもの:知識

それではどうぞ!

父:さてちかちゃん、明けましておめでとうございます。

ちかちゃん:(返事なし)

父:えええー。じゃあちかちゃん、この本の紹介をお願いします。

ちかちゃん:(小声で)どうやればいいの?

父:久しぶりすぎて忘れてるw?

ちかちゃん:(こっくり)

父:うーんと、じゃあこの本を読むのに向いているのは何歳くらい?

ちかちゃん:(なんか謎の動きをしてる)5歳くらい。

父:ほほう、それはなぜ?どうして5歳なの?

ちかちゃん:はい、それはわかりません。

父:わからんのかいw ちかちゃんが今5歳だから?

ちかちゃん:(こっくり)今から読もう。

父:(さんざん読んでるだろうに・・・)感想教えて?どんなとこが面白かったとか。

ちかちゃん:(67ページを指さす)

父:これのどこが面白いの?

ちかちゃん:このかめのじゅもん!

父:まはりくまやこんふーらんば…

ちかちゃん:マハリクマヤコンフーランバ…

父:この歌が変だから面白いってこと?

ちかちゃん:うん!

父:このキャラは何者なの?

ちかちゃん:どこで出てきたってこと?

父:そうそう。

ちかちゃん:ここ!

父:ふむふむ。ねーちかちゃん、アフィリエイトで稼ぐなら、読む人がこの本買いたくなるようにしないといけないと思うんだけど…

ちかちゃん:はい。

父:わかってるのかなぁ。。。じゃあ、この本を子供が読むと、どんないいことがあるかな?

ちかちゃん:うーん、わかんない!

父:まあ、そりゃそうか…

ちかちゃん:意味がわかんない!

父:ちかちゃんがお母さんだったら、この本読んであげたいって思う?

ちかちゃん:(こっくり)

父:それはなんで?

ちかちゃん:読んであげたいから。

父:どうして読んであげたいって思うんだろう?

ちかちゃん:うーん…………

父:自分が読んであげたいって思ったから?

ちかちゃん:(はたと気付いたように)そう!

父:なるほどねー。お父さんこの本読んだことないんだよね。

ちかちゃん:読んでいいよ!

父:ふむふむ…ほねほねザウルス読むたびに思うんだけど、恐竜ばっかりってわけじゃないよね。

ちかちゃん:うん!

父:結構魔法使いとか、架空の生き物とかも出てくるっていうか。

ちかちゃん:もぐらとか。

父:もぐらは架空の生き物じゃないのでは。

ちかちゃん:わにとか。ひととか。

父:わにも架空の生き物じゃないと思う…まぁいいか。

ちかちゃん:ほよよー。

父:まぁしかし、パラパラめくって読んでみた限り、このシリーズはかなり物語がしっかりしてるよね。5歳が夢中になるのもわかる。ちかちゃんは今まで見たほねほねのキャラでだれが一番好きなの?

ちかちゃん:ゴンちゃん!

父:ゴンちゃんはステゴサウルスか。

ちかちゃん:うん。

父:やっぱメインで出てくるキャラが好き?主人公というか。

ちかちゃん:うん。

父:まぁお父さん的には、このシリーズは結構話が練られてて好きかなー。ちゃんとしてるよね。

ちかちゃん:(こっくり)



というわけで、久しぶりのブログ執筆ということもあり、娘は以前ほどスムーズに感想を話せなくなっていました。

こういうのも、頻繁にやってると慣れてくると思うんですが、間が空くとやはりなかなか難しいものですね。

で、親から見たこのシリーズの感想としては、

・メインキャラ3人の友情が結構クローズアップされている
・文章量が多いので、読み切るまでに集中力が必要
・漢字もふりがな付きとはいえかなり使われているので、勉強になりそう
(実際5歳の娘は結構な数の漢字をすでに読むことができてます)

とまぁ、こんな感じでしょうか。
娘は相当このシリーズが好きらしく、いつも枕元に置いて毎日読んでいます。
子供からするとかなりのめりこんでしまう内容なんだろうなーと。
寝るのが遅くなってしまうのはちょっと困りものですが、集中力は磨かれているようなのでこの調子でいろいろと本を読んでほしいものだと思っています。

おしまい!